トップ > BLOG > 未分類 > イオン水ってどんなものですか?

ブログ更新情報

イオン水ってどんなものですか?

ここ最近、アンチエイジングやダイエット、胃腸改善などの効果が期待されているとして人気の「水素水」。

しかし、各メーカーの情報を見てみると、「イオン水(アルカリイオン水)」「還元水」「電解水素水」「電解水素水」などさまざまな名称があります。

水素水を自宅で簡単に味わいたいけど、これは全部同じ物?違う物?と迷ってしまう方も少なくないようです。
これらの違いについて書いていきますね。

20160402_1
水素水じゃないぞ!

水素水とイオン水の違いは?

イオン水や、還元水素水、電解水素水などと時代によって呼び方が違いますが、実は同じ構造・効能・機能を持った中身は変わらない同じ「水素水」なのです
ただ、水素水を生成する仕組みによって、性質が異なるタイプがあります。

水素水:名前の通り、水素を多く含んだ水。
             
・水を電気分解して、酸素の多い水と水素の多い水に分ける「水素水生成器タイプ」
電気分解によりアルカリ性の水素水を生成!

・水に高濃度な水素水を溶け込ませる「高濃度水素水タイプ」
電気分解を行わない。パウチタイプの製品が多い。


電解して生成する水素水は、アルカリイオン水と呼ばれていますが、水素水の効果効能が注目され始めてから、水素を含む名称が増えてきているのです。

次にアルカリイオン水について説明していきますね。

名称  アルカリイオン水(名称:飲用アルカリ性電解水)

機能  ・「医療用具承認(認証)番号」明記の家庭用電解水生成器を使用して、水道水を電
     気分解し、生成したアルカリ性の電解水。(水素が多い。)
    ・胃の不快感や胃もたれなどの胃腸症状を改善する効果がある。

別称  電解水素水、電解水、還元性水素水、アルカリ還元水、電解還元水、還元水、電解
    還元水素水、還元水素水

機器名 水素水と同様に、水素水(アルカリイオン水)を生成する機器にも様々な名称があり
    ますが、同じものです。(一般名称)家庭用電解水生成器(通称)アルカリイオン整水
    器、整水器、電解還元整水器、還元水素水生成器、水素水生成器、電解水素水整
    水器※メーカーによって異なる

補足  電解がつく理由…水を電気分解(電解)することで水素水を生成するから還元がつく
    理由…水素がもっている還元性の働きからアルカリと呼ばれる理由…電解をする
    と、水素がアルカリ性に傾くから

20160402_2
疲れた時はお酒よね!

どのような効果があるのですか?

アルカリイオン水には
・疲労回復
・下痢改善
・胃酸過多の改善
・アトピー性皮膚炎の改善
・便秘改善
・老化予防
・高血圧予防
・美容効果
の効果・効能があると言われています。

これらの効果や効能がある理由については、現時点では医学的に解明されていないものも多いです。

ただ、アルカリイオン水が身体にとって良いものであるということは間違いなく、研究が進むことで、今後改名されていくと思います。

アルカリイオン水で改善が期待される病気や症状
消化器疾患  胃潰瘍、胃酸過多、慢性下痢、消化不良

生活習慣病  高コレステロール血症、高血圧、糖尿病

免疫疾患   アトピー性皮膚炎、慢性関節リウマチ

その他    老化防止(アンチエイジング)、骨粗鬆症

また、イオン水にはマグネシウムやカルシウム、カリウムやナトリウムなどのミネラルが豊富に含まれています。

そのため、イオン水でお茶を沸かすと、味がまろやかになったり、ご飯がおいしく炊けたりします。
また、毎日飲むことで、腸内環境を整えたり健康を保つことができます。

アルカリイオン整水器なら弱酸性水を同時に生成するものもあるので、弱酸性の水で洗顔をすることで、肌がきれいになるなどの効果もあるようです。

飲みやすく高い効果の水素水を選ぶポイントの1つとしてpH値があげられます。
酸性に傾くほどpH値は低くなり、アルカリ性に傾くほどpH値は高くなります。

もし、身体を酸化(老化)させたくない場合はpH値を上げることが必要です。
水素水はpH値を上げることで、身体をアルカリ性に近づけるようになります(抗酸化作用)。
ただし、強い酸性は金属を溶かして、高いアルカリ性は皮膚を溶かします。

このように、アルカリ性の物質は強すぎると健康を害する可能性があるのです。
厚生労働省は飲料のpHの基準を5.8~8.6の範囲内と定めています。
普段飲む水素水はこの基準内でややアルカリ性よりのpH値のものがオススメです。
目安としては7.3~8.6くらいですね。

ちなみに飲み方によってpH値が大きく変わることはありませんので、pHを気にするときは購入時だけでOKです。
ただ、沸騰させると水素が飛んでしまうので、冷たいまま飲むようにしましょう。

どうすれば飲むことができるのですか?

イオン水を飲む方法は2つあります。

1.ドラッグストアやスーパー、ネットショッピングでペットボトルを購入する。
2.自宅にアルカリイオン整水器を取り付ける。


1.ドラッグストアやスーパー、ネットショッピングでペットボトルを購入する。

スーパーなどに行くとこのようなペットボトルの水が売っているのを見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。
ペットボトルで購入すると、天然水を電解したものが多いので、美味しい軟水を飲むことができます。
ただし、pH値が決まっているので、体調に応じて変えることができません。
メリットは1本当たりの値段が安いので気軽に飲むことができること、持ち運びがしやすいということですね。

2.自宅にアルカリイオン整水器を取り付ける。


20160402_4のコピー
※写真はPanasonic製TK7208P

自宅に上記のような整水器をとりつけて、イオン水を飲む方法です。

水道水を使うことになるのですが、水道水に含まれる塩素やカビ、雑菌などの不純物や溶解性鉛やトリハロメタンなどの有害物質を除去することができます。

その浄化した水を電解してイオン水や酸性水を生成することができます。
整水器があれば、毎回購入するという手間がなく、手軽にイオン水を飲むことができます。

また、整水器の場合pH値を変えることができるので、体調に応じて変えて飲むことができます。
積極的にアルカリイオン水を飲む場合は少しずつpH値を上げていき、最終的にpH9.0~9.9を飲むような感じにします。

ちなみに水道に取り付けるタイプの整水器(ほとんどがこれ)はアルカリイオン水だけでなく、浄水のボタン、弱酸性ボタンと選ぶボタンがあるので、アルカリイオン水が飲めないというご家族がいても浄水があるのでわざわざ水を購入する必要がありません。

ただ、整水器ではなく、生成器の場合は浄化しないものがあるので、購入の際に確認してくださいね。(ルルドの水素水生成器など。)

整水器は値段がピンからキリまで様々なので、お店やネットで探してみると良いと思います。

20160402_3
ほどほどにね!

イオン水を飲むときの注意!

イオン水には注意点があります

1.摂り過ぎない
2.胃酸の量が少ない人、胃を切除している人は飲まない


1.摂り過ぎない

1日にアルカリイオン水を摂取できる量は「体重の5%が上限」です。

健康維持が目的で飲む場合は体重の2%程度、生活習慣病予防や改善が目的ならもう少し飲んでも大丈夫ですが、5%は超えないようにしましょう。

(例)体重50㎏の方が健康維持のために飲む場合は1L程度

2.胃酸の量が少ない人、胃を切除している人は飲まない

アルカリイオン水を飲むことで胃酸が中和されて、殺菌作用が弱まり、食中毒になる可能性があります。
病院などで胃酸の量が少ないと診断されている方や手術により胃を切除した人は飲まないようにしましょう。

まとめ

イオン水と水素水は基本的には同じもので、生成方法の違いにより、性質がかわってきます。

イオン水を飲むことで、胃酸過多や疲労回復など様々な効果が期待できます。

ペットボトルで購入するか、整水器をご自宅の蛇口に取り付けるだけで手軽にイオン水を飲むことができます。

イオン水を常飲する場合は「体重の5%まで」、胃酸が少ない人や胃を切除した人は飲まないようにしましょう。