トップ > BLOG > 疲れ > 疲れやすいと眠くなるのはなぜですか?

ブログ更新情報

疲れやすいと眠くなるのはなぜですか?

ちょっとしたことで疲れやすい、しっかり寝ているつもりなのにいつも眠い、慢性的な疲れやすさと眠気にお悩みの方は、昨今、多くいらっしゃるようです。

普通に生活しているだけで、なぜこんなに疲れやすいのでしょうか?睡眠時間は十分なのに、なぜ常に眠いのでしょうか?


つらい症状は、そのままにしておけばさらにひどくなる一方。
ならば、一刻も早く症状の改善に努めるべきです。

まずは疲れやすさと眠気の原因を知り、その上で、有効な対処法を考えていくことにいたしましょう。

20160226_1
睡眠は十分にね!

病気なの?

「そもそもこんなにひどく疲れやすい、眠いのは、病気のせい?」と、ご心配な方も多いと思います。

それもそのはず、症状のひとつとして身体の倦怠感や眠気を伴う病気は、皆さんの想像以上に多いのです。

例えば、内科系の病の前兆として、疲れやすさが感じられることがあります。

この場合、食生活の乱れによって肝臓に負担がかかっているケースがほとんどで、早い段階で油分や脂肪を控えた食事に切り替えることで症状は軽くなると言われています。

もちろん、症状を放置しておけば、脂肪肝や肝硬変といった深刻な病に進展する可能性も。
思い当たる節のある方は、まず毎日の食事に気を付けてみることをお勧めします。

その他、疲れやすさや眠気といった症状が尋常でなく、日常生活に支障をきたす程だとすれば、難病発症の兆候であることもあります。

甲状腺機能の低下として知られる橋本病や、その反対で甲状腺ホルモンの分泌過多であるバセドウ病、身体にピリピリとした痛みを伴う繊維筋痛症といった病気も、その初期症状は疲労感や眠気です。

また、疲れやすい・たっぷり寝ても眠いという方で、食事によっても改善しないが他に目立った症状がない場合には、精神的な病気である疑いがあります。

具体的にはうつ病や自律神経失調症などが代表的な例ですが、心因性の病では気分障害や思考障害、意欲の低下などを伴う場合が大半です。

ひと口に「メンタル不全」といっても実際には様々な種類があり、それぞれに応じた治療を受けなければ症状の改善は見込めません。

いずれにせよ、「疲れやすい」「眠い」といった状態が1ヵ月以上続き、次第に症状がひどくなる場合やその他何らかの症状が出始めた場合には、まず一度受診することをお勧めします

20160226_2
疲れが続くな!

他に理由はあるの?

さて、ここまで「疲れやすい」「眠い」といった自覚症状から考えられる病についてお話ししてきました。

具体的な病名などを見て、少し怖くなってしまった方もいらっしゃるでしょうか?
少しでも不安があるなら、早めに受診してください。
病気の場合には、症状が深刻にならないうちに対処するのが一番です。

もちろん、病気以外の理由で疲労や眠気を感じる場合もあります。

代表的なものとしては、「基礎代謝の低下」です。

人間の身体は、代謝が落ちると血行不良や細胞の不活性化、老廃物の蓄積などにより、身体機能全般に悪影響が及ぶようになります。

その場合の主症状が、疲労感や眠気、肌荒れ、低血圧、冷え性です。

・常に身体がだるく、重たい
・しっかり睡眠時間をとっても寝足りない
・寝起きに頭がボーっとする
・腰痛や肩こりがひどい
・肌がガサガサする、吹き出物やニキビが増えた
・手足が妙に冷たい
・風邪をひきやすくなった


上記に思い当たる節はないでしょうか?

もしも2つ以上当てはまるなら、「疲れやすい」「眠い」は【代謝が落ちていること】に起因する可能性が高いと言えます。

20160226_3
ひどいときは言ってね!

気をつけることは?

慢性的な疲労感や眠気が病気の症状である場合には、日常生活で気を付けるべきことについて、医師の指示を仰ぎましょう。

一方で、受診の結果、特に病気からくる疲れや眠気ではないことが判明したなら、まず下記のことを心がけてみてください。

規則正しい生活を送る

疲れやすい、常に眠い方の共通点として「不規則な生活」が挙げられます。

生活リズムの乱れが自律神経の乱れを招き、身体が本来持ち合わせている回復機能を鈍らせます。
健康的な生活の基本は「早寝早起き」です。

毎日少しずつでも身体を動かす

筋肉を鍛えることで代謝を上げ、疲れにくい身体を作ることができます。

一般的に、「基礎代謝のうち、40%は筋肉維持のためのエネルギー消費である」と言われていますから、筋肉量を増やすことで必然的に代謝が良くなることになります。

スクワットや腹筋・背筋などの筋力トレーニングを中心に、継続的に取り組むようにしましょう。

よく笑う

慢性的な疲労感や異常な眠気の背景には、精神的なストレスが潜んでいる場合が多いものです。

ストレスの蓄積は、代謝低下の原因となる“活性酵素”の発生を招きます。
日常生活においては決して無理をせず、なるべく笑顔でいられるような生活を心がけるのが得策です。

20160226_4
酵素は生野菜からだよね。

改善方法はあるの?

さて、既にご紹介した「日常生活の中で心がけるべきこと」に加え、「疲れやすい」「眠い」の具体的な改善策としては、【酵素を積極的に摂取する】ことが挙げられます。

私たちの身体において、酵素は基礎代謝を高めるために欠かすことのできない要素

通常、酵素は体内で生成されるのですが、疲労緩和やストレス軽減のために消費されてしまうことがあり、そうなれば代謝等の本来酵素を必要とする機能に回すことができなくなってしまいます。

酵素が不足すれば基礎代謝が落ち、太りやすくなったり、疲れやすくなったり、慢性的なストレスや眠気に悩まされるようになったりします。よって、私たちが毎日ハツラツと生きていくためには、不足分の酵素を積極的に補う工夫が不可欠なのです。

酵素は食べ物から摂取できます。
普段の食事を考える際、ぜひ下記に挙げる食材を摂るよう心がけてみて下さい。

・トマト、キュウリ、レタス、キャベツ、アボカド、セロリなどのサラダ向き野菜
・バナナ、リンゴ、メロン、レモン、キウイなどのフレッシュフルーツ
・味噌や納豆、漬物などの発酵食品

ただし、食べ物から酵素を摂取する場合、「加熱によって酵素を破壊しない」「毎日相当量を摂取する」など注意すべき点があります。

また、摂り方によっては、思っているほど酵素を補給できていない可能性もあるでしょう。
十分な量の酵素を継続的に、かつ確実に摂取するには、サプリメントやドリンクの活用がオススメ!

食事だけではどうしても不足しがちな酵素を手軽に、無理なく補えるので、ストレスなく続けられるのが魅力です。

まとめ

病的とはいえない程度の「疲れやすい」「眠い」の症状は、体内バランスが乱れているサインかもしれません。

まずは【酵素】をお試しください。
代謝を始めとする身体本来の機能が回復されることで、症状は今よりもぐんと楽になるはずです。

毎日をイキイキと楽しむためには、疲労や眠気に左右されているわけにはいきませんね!
今の生活に酵素をプラスするだけ。一日も早く、元気な貴女を取り戻しましょう^^