ケフィアとは? of HA-LIFEJAPAN.COM

◎植物性乳酸菌ケフィアとは

■ケフィアとは?

ケフィア.jpgケフィアはコーカサス地方を誕生の地とし、何千年も前から常食されてきた発酵食品です。ケフィアには乳酸菌のほかに酵母という微生物が共生してます。ケフィアとは、乳酸菌と酵母の共生発酵によって生まれるアルコール発酵乳の一種です。カリフラワーに似た形の「ケフィアグレイン」を、牛乳のなかに加えて自然発酵させると、飲むヨーグルトに近いどろどろした乳飲料ができあがります。これが、ケフィアです。飲んでみると、炭酸のようなピリッとした刺激とさわやかな酸味が口にひろがりますそこがケフィアの特徴であり、ヨーグルトと異なるところです。


■ケフィアの故郷コーカサス地方

コーカサス地方.jpgコーカサス地方は、パキスタンのフンザ地方、南米エクアドルのビルカバンバ(聖なる谷)とともに、世界の中でも元気なお年寄りが多いことで知られています。ヨーグルトの故郷として聞き覚えがある方も多いでしょう。

場所は、カスピ海と黒海の間に位置し、旧ソビエト連邦で、現在はグルジア共和国、アルメニア共和国、アゼルバイジャン共和国の3つの国に分かれた地域になります。この地域は、気候が温暖で過ごしやすく、野菜や果物、お茶など食料も豊富。これに加えて、牛乳やヤギ乳などを発酵させたケフィアなどの発酵乳を子どものころから毎日飲んでいることも見逃せません。

このように、健康のための自然環境が整っているコーカサス地方では、90歳を過ぎても健康で元気に働いている人が少なくないそうです。これこそ、ケフィアが“元気の源”といわれる所以でもあります。


■ケフィアとヨーグルトの違い


ケフィア ヨーグルト
発酵様式 乳酸菌・酵母の複合発酵。 乳酸菌の単独発酵。
酵  母 生きている。 なし
健康に関して 腸まで達して働く乳酸菌。

乳酸菌が腸に達しない